終了イベント<2009年>

東京産業考古学会主催「映像で見るモダニズム建築」
<2009年6月20日>

6月20日、東京産業考古学会主催の研究会「映像で見るモダニズム建築」が、東京・高輪の物流博物館で行われました。

会場では建築家・村野藤吾の「近三ビルディング」、チェコ出身のアントニン・レーモンドの「東京女子大」の映像上映が行われ、その後、検見川送信所を設計した吉田鉄郎氏に関する映像を上映するとともに、事務局の久住コウ氏が吉田建築に関する解説を行いました。

解説の中では検見川送信所の現状についても触れましたが、多くの参加者から励ましの声が上がるとともに、「知る会」に入会を希望する人もおられ、盛況のうちに終了しました。

 

ツイッターで「検見川送信所」をフォローしよう!

facebookページで最新情報をゲット!

inserted by FC2 system